デリケートな悩みも解消!かぶれないナプキンをリサーチしました

HOME » かぶれないと話題! 布ナプキンに注目 » 紙ナプキンとの違い

紙ナプキンとの違い

布ナプキンと紙ナプキンは具体的に、どこがどう違うのでしょうか?
ここでは、両者の特徴について比較してみたいと思います。

布ナプキンと紙ナプキンの違いとは?

布ナプキンと紙ナプキンの違いを比べてみました。

かぶれ

  • 布ナプキン…通気性がよく、科学物質を含まないオーガニック100%の商品などであれば、かぶれやかゆみが軽減される
  • 紙ナプキン…おしりや太もものつけ根など、ナプキンがすれるとかぶれることがある

肌触り

  • 布ナプキン…ふわふわで気持ちのいい肌ざわり
  • 紙ナプキン…メーカーによっては多少のごわつきあり

漏れ

  • 布ナプキン…ナプキンの厚みを変えることで漏れを防ぐことは可能だが、場合によってはもれてしまうことも
  • 紙ナプキン…吸収力は高いが、つけ方によってはもれてしまうこともある

生理周期の変化

  • 布ナプキン…「布ナプキンを使ってから、生理周期が整った」という声多数あり
  • 紙ナプキン…とくに変化はなし

見た目

  • 布ナプキン…メーカーによって、豊富なデザインの中から選ぶことも可能
  • 紙ナプキン…基本的には白。メーカーによっては、柄の入ったものもある

つけたときの感触

  • 布ナプキン…おしりやお腹などの冷えが軽減されたという声多数あり
  • 紙ナプキン…生理中の体の冷えを感じる

生理痛

  • 布ナプキン…生理痛や腰・お腹周りの重さが軽減されたという声も
  • 紙ナプキン…生理痛の軽減などはとくになし

におい

  • 布ナプキン…使用後でもほとんどにおいが気にならないという声あり
  • 紙ナプキン…吸収帯が血液を吸った独特のにおいがある